• HOME > 
  • お客様本位の業務運営に関する方針

お客様本位の業務運営に関する方針

方針1:「お客様の声」を活かした業務の運営

当社は「お客様の声」を真摯に受け止め、お客様の目線に立って業務を運営してまいります。

【主な取組内容】

  1. お客様の声を活かす仕組み
    お客様相談室をはじめ、社内の各部門や代理店にいただいた「お客様の声」は、お客様サービス部が一元管理し、内容ごとに分類・分析を行い、業務の見直しや保険商品・サービスの改善・開発に反映させ、事業活動の品質向上につなげてまいります。
  2. お客様サービス向上委員会の設置
    お客様に高い満足感を感じていただけることを目的として、社内にお客様サービス向上委員会を設置し、苦情等の再発防止策、業務の見直しの進捗確認の他、お客様サービス向上に関する重要な意思決定を行ってまいります。
  3. 業務改善策等を公表します。
    お客様の声に基づいて改善・開発等を行った業務や保険商品・サービスを当社ホームページやディスクロージャー誌等で公表してまいります。

方針2:お客様のニーズに応える商品・サービスの開発

販売する保険商品を旅行保険分野に特化して、高品質な保険商品を提供してまいります。

【主な取組内容】

  1. お客様の目線に立った商品・サービスの提供
    保険商品やサービスに対するお客様のニーズを的確に把握するとともに、保険商品販売後のお客様の声を通して、お客様のニーズに応える保険商品・サービスの提供に努めてまいります。
  2. 低廉な保険料で商品・サービスを提供
    業務の効率的運用に努め、ローコスト経営を行い、商品・サービスを低廉な保険料で提供するよう努めてまいります。

方針3:適正で良質な保険募集

お客様のご意向を的確に把握し、ご契約内容に関する情報を分かりやすくご提供することで、お客様の目線に立って、適正で良質な保険募集に努めてまいります。

【主な取組内容】

  1. お客様のご意向の把握・確認
    保険契約について、補償内容、保険期間、保険料、保険金額等に関するお客様のご意向を的確に把握し、ご意向に沿ったご契約をおすすめしてまいります。
  2. お客様に対する必要な情報のご提供
    お客様がご契約内容を十分にご理解いただいたうえでお手続きいただけるよう必要な情報を分かりやすくご提供してまいります。
    特に、ご高齢のお客様や障がいのあるお客様に対しては、より丁寧で、思いやりのある配慮を行うよう努めてまいります。

方針4:保険金支払の品質向上

お客様に高い満足感を感じていただけるよう保険金支払サービスの品質向上に努め、丁寧・親切・迅速に対応してまいります。

【主な取組内容】

  1. ホスピタリティ・マインド
    事故に遭われたお客様に常に寄り添い、お客様の不安を解消するために丁寧なご説明、アドバイスを行い、お客様をサポートしてまいります。
  2. 迅速・適正な保険金のお支払い
    迅速かつ適正に保険金をお支払いすることを目指し、お客様が高い満足度を感じていただけるよう努めてまいります。

方針5:利益相反の適切な管理

当社は、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引を適切に管理するための態勢を整備してまいります。

【主な取組内容】

  1. 利益相反の管理
     当社では「利益相反管理基本方針」および「利益相反管理基本規程」を定め、利益相反の管理に関するルールを整備しております。具体的に、利益相反のおそれのある取引を特定した場合は、対象取引を行う部門と当該お客様との取引を行う部門を分離し、あるいは対象取引または当該お客様との取引の条件または方法を変更するなどして、お客様の保護を適切に行うよう管理してまいります。

方針6:方針の定着に向けた取組み

すべての社員および代理店に対して、継続的な教育を実施し、本方針の定着に努めてまいります。

【主な取組内容】

  1. 社員研修の定期的な実施
    お客様の声を真摯に受けとめ、常にお客様の目線に立った業務を行える社員を育成するため、本方針に関する社員研修を定期的に実施してまいります。
  2. 代理店の教育・育成
    お客様のご意向の把握・確認、必要な情報のご提供等を的確に行える代理店を育成するため、保険募集に必要な資格の取得状況や教育の実施状況について適切に管理してまいります。

以上