海外旅行保険の選び方!チェックポイントをご紹介

待ちに待った海外旅行!しかし慣れない旅行先ではトラブルに巻き込まれる可能性もあり、注意が必要です。
安心して海外に行くために、忘れず準備しておきたいのが「海外旅行保険」です。海外旅行保険に加入することで、様々なトラブルに備えることができます。この記事では数ある海外旅行保険の中から、皆さんに合った海外旅行保険の選び方を解説します。

そもそも海外旅行保険とは?

海外旅行保険とは、海外旅行中に起きた様々なアクシデントによる損害をカバーする保険です。
例えば...

・旅行中に、病気やケガで治療を受けたり入院をした場合

・誤ってホテルの備品やお店の商品を壊してしまい、損害賠償を請求された場合

・搭乗時に航空会社に預けた手荷物が、目的地に届かなかった場合

これらはあくまで例ですが、海外旅行中にこうしたアクシデントが起こったときに発生する損害(治療費用、損害賠償、手荷物遅延...etc)を海外旅行保険が補償します。

しかし「海外旅行中のアクシデント?自分には関係ない!」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
2019年の海外旅行中の事故発生率は2.54%(※1)。そう聞くと低いように感じるかもしれませんが、約39人に1人は何らかの事故に遭遇していると考えると、その確率の高さを実感してもらえると思います。

こうした万が一のリスクに備えるためにも、海外旅行保険の加入をぜひおすすめします。
※1 エイチ・エス損保調べ(2019年1月~2019年12月)

海外旅行保険の選び方 ―3つのチェックポイント―

では、海外旅行保険に加入するときは、どういったポイントを確認すればよいのでしょうか?
ここでは押さえておきたい3つのチェックポイントをご紹介します。

1. 補償内容は十分か?

海外旅行中に巻き込まれたトラブルが、加入している海外旅行保険の補償対象外だったら...。せっかく加入したのに、これでは元も子もありません。
そうならないためにも、「どういった補償があるのか」「自分に必要な補償はあるのか」を事前にチェックしておきましょう。旅行先でよくあるトラブルを調べて、そのトラブルをカバーしてくれる海外旅行保険に加入するのも1つの方法です。ぜひ試してみてください。

2. 保険金額は適切か?

海外旅行は、航空券代や宿泊費、食費やお土産代等、なにかとお金がかかります。そのため、「海外旅行保険は少しでも安く抑えたい!」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
保険料を重視するなら、インターネットで加入できる海外旅行保険がおすすめです。
ただし、注意しておきたいのは、「安い保険料の海外旅行保険に加入したら、保険金額が足りなかった!」などの事態になってしまうことです。特に、海外では治療費が高額になるケースがあります。そのため、急な病気などによって旅行先で治療を受けたときに、保険金額が足りずに不足分を自分で支払わなくてはならない、といったことが起きかねません。
このような事態にならないためにも、保険料だけではなく、保険金額が適切かどうかも確認しましょう。

3. サポートサービスは充実しているか?

海外旅行保険では、トラブルに巻き込まれたとき、様々なサポートサービスを受けることができます。
その中で特に注目したいのが、「24時間365日、日本語対応のサポート」です。

こうしたサポートがあることで、海外でトラブルに巻き込まれたときに、時差を気にすることなく、いつでも相談ができます。さらに日本語で対応してくれるので、言語で困ることもありません。非常に便利なサービスです。
また「保険会社への連絡が簡単かどうか」もポイントです。緊急時にすぐに連絡できる方法でなければ、サポートサービスも効果を発揮しません。サポートサービスをチェックするときは、「連絡手段」もぜひ確認してみてください。

海外旅行保険を選ぶときはぜひこの3つのチェックポイントを参考にしてみてください。

海外旅行保険の加入方法とは?

海外旅行保険は主に、インターネット ・出発当日の空港・旅行代理店で加入可能です。ここではそれぞれの加入方法の特徴をご紹介します。

インターネットで加入する

インターネットで加入する最大のメリットは、保険料が割安なプランがたくさんある点です。低価格でも補償内容が充実しているプランもあります。

また、インターネットなら場所や時間を問わず気軽に申し込むことができます。じっくり各保険会社の保険プランや補償内容を比較して、どの保険にするかを決めることができるのも大きなメリットと言えるでしょう。
さらに、インターネットなら出発当日でも申し込み可能な海外旅行保険がたくさんあります。出発直前に「加入するのを忘れてた!」と気づいても、インターネット環境があれば加入できるので安心です。

出発当日に空港で加入する

空港で加入する方法は、下記の2種類があります。
①保険会社の窓口カウンターで加入する方法
②空港に設置されている自動販売機を利用して加入する方法

空港到着後、フライトまでの間にササっと申し込むことができるのはとても便利です。
ただし注意点があります。それは自宅を出発してから空港に到着するまでのトラブルに対応していない点です。海外旅行保険では通常、「自宅を出発してから自宅に帰着する」までが保険適用の対象となります。しかし空港で加入した場合は、加入したタイミングからの保険適用となりますので気を付けましょう。

旅行代理店で加入する

多くの旅行代理店では、海外旅行の申し込みをしたときに、セットで海外旅行保険にも申し込むことができます。海外旅行と一緒に申し込めるため、自分で海外旅行保険を探して申し込む必要がありません。補償も手厚くなっているケースが多いので、より充実した補償をお求めの場合には、ぜひご検討ください。

これまで3つの加入方法をご紹介してきましたが、一番のおすすめは「インターネットから加入する」方法です。保険料が割安なのはもちろん、いつでもどこでも加入できるという手軽さが特徴です。ぜひインターネットで海外旅行保険を探してみましょう。

まとめ

海外旅行保険は一見同じように見えますが、実際は保険会社や選ぶプランによって、補償内容やサポートサービスなどに大きな違いがあります。重要なのは、「海外旅行保険に何を求めているのか?」です。保険選びに失敗しないためにも、まずはご自身が海外旅行保険に求めるものをチェックしてみましょう。その上で海外旅行保険を探してみれば、きっと自分に合ったものが見つかるはずです。
海外旅行保険は、みなさんのお守り代わりになる存在です。ご自身にとってベストな海外旅行保険に加入して、海外旅行を楽しみましょう!

関連情報

更新日:2021年11月
LCD21-102