意外と高額!韓国の治療費

  • LINEで送る
身近で人気の韓国ですが、
現地で病院に行った際の治療費をご存知ですか?
「安・近・短」で人気の韓国。安くておいしい本場韓国料理やショッピングをお目当てに、毎年多くの方が渡航されます。
でも、せっかく旅費を抑えても、体調不良などのトラブルで現地病院の治療を受けると、意外と高い治療費がかかってしまうのをご存知ですか?
そこで、エイチ・エス損保が報告を受けた治療費の事例(※1)と、注意するポイントをご紹介しますので、万全な体調で素敵な旅を過ごす参考にしてください。
 

治療費の事例と注意するポイント

疾病による治療費の事例

・現地でのどが痛み発熱もあったため病院を受診したところ、インフルエンザと診断され数日入院。20万円以上の治療費がかかってしまった。
・現地ホテルで40度以上の発熱をしたため近隣の病院を受診。検査、解熱剤・点滴の処方で約7万円の治療費がかかってしまった。
・吐き気を感じたため現地の病院を受診したところ胃腸炎と診断。治療、処方箋等で約5万円の費用がかかってしまった。
・頭痛、腹痛、吐き気を感じたため現地の病院を受診。診察、点滴で約3万円の費用がかかってしまった。
 

ケガによる治療費の事例

・ホテルで果物の皮を剥いていた際に指を切ってしまった。現地病院で縫合処置をおこなったところ、約6万円の費用がかかってしまった。
・プールの排水溝に足を取られケガをした。現地病院で治療したところ約5万円の治療費がかかってしまった。
・現地で蜂に刺され病院で診察・処置をしたところ、約4万円の治療費がかかってしまった。
 

注意するポイント

・普段お使いの常備薬(風邪薬・解熱剤・痛み止め等)を持参すると意外と役に立ちます。急な日程変更などのトラブルに備えて余裕をもたせると安心です。
・気温が高い季節でも、施設・体調によってはクーラーが効き過ぎていると感じることがあります。カーディガンやパーカーなど羽織れるものを持参しましょう。
・無理のない日程を組み、睡眠、休養を十分に取りましょう。お子様をお連れの場合は、お子様の体力も考慮しましょう。
・危険な場所にはできるだけ近づかないようにしましょう。
 
 

病気にかかったりケガをおったときは

・病気、ケガの状況をみて病院に相談しましょう。
・海外旅行保険に加入している場合は、保険会社のサポートセンターに連絡しましょう。
・ネット海外旅行保険「たびとも」にご加入のお客様でキャッシュレス医療(※2)をご希望の方は、エイチ・エスサポートセンターへご連絡ください。(24時間365日 日本語対応)
・病気やケガの対策についてはこちらもご参照ください。

エイチ・エス損保のたびともでも、韓国は人気No.1の渡航先ですが、近いからといって準備を怠らずにお出かけください。

※1 エイチ・エス損保の海外旅行保険および旅行目的地通知型ネット専用海外旅行保険(2017年4月~2018年3月) の実績によります。(2018年5月現在)
※2 海外旅行中の病気やケガで外来診療を受ける場合、キャッシュレス提携医療機関であれば、自己負担することなく治療が受けられます。エイチ・エス サポートセンターでは、キャッシュレス提携医療機関の予約をお手伝いします。
LCD18-026 2018年5月

記載日:2018年05月28日

海外旅行トラブル対策トップへ