スーツケースのトラブル
~ロストバゲージ編~

  • LINEで送る

最近は海外旅行も身近なものになり、アジアなどの近場であれば、準備も手短に、身軽に旅行することもできるようになりました。
とはいえ、ハンドバック一つで海外へ旅行される方はそれほど多くありません。ビジネス渡航者を除いては、ほとんどの方がスーツケースを準備して旅行されることでしょう。
初めて海外旅行をされる方であれば、レンタルをするか購入するか迷うかもしれません。逆に旅行頻度が多い方にとっては、スーツケースは当然購入し、大切な旅行の大事な相棒になっているのではないでしょうか。
 

ロストバゲージ

航空会社に預けた荷物が紛失することをロストバゲージといいます。誰しも自分のスーツケースが空港のターンテーブルからでてくるのを、今か今かと待ち遠しい気持ちになった経験があるのではないでしょうか。なかなか出てこないと不安にもなりますよね。残念ながら、その不安が現実のものとなるロストバゲージは稀に発生します。
 

原因

原因のひとつに、航空会社による積み忘れ・降ろし忘れや、行き先の違った便への積み間違いによるものがあります。航空会社に預けられる荷物量と、限られた時間の中で積み降ろしが行われていることを考えれば無理もありません。
もう一つは、他人が自分の荷物と間違えて持っていってしまう場合です。スーツケースの形状はどれも似ていて、同じ色をしていたらパッと見では自分のものと識別するのは困難です。飛行機の遅れであわててピックアップされる方もいれば、買ったばかりで自分のものである認識が甘い方もいて、悪意はなくても間違われるケースはいろいろあります。
 

取り間違え対策

取り間違い防止対策として、ご自身のスーツケースであることが明確に分かるようにしておく事が有効です。スーツケースにベルトを取り付ける事もその一つですが、それだけでは心もとないため、ネームタグを取り付けたり、ステッカーを貼ったりなど、オリジナルなものとすることで取り間違いを防止しましょう。
 

万一の備えに

不運にもロストバゲージが起きてしまった場合に備えておくことも重要です。
 

心構え1

まず、ターンテーブルからいつまでたっても出てこない時は、近くの空港職員へ伝えましょう。その際、スーツケースの特長を伝えることが重要です。事前にスマートフォンで写真を撮っておき、それを職員に見せるなど、語学に自信がない場合はこのように誰でもわかるようにしておきましょう。写真は、すぐに見つからなかった場合の紛失報告書を書く際にも役に立ちます。念の為、中身の写真まで撮っておいてもいいかもしれません。
 

心構え2

次に、加入した(または予定の)海外旅行保険や自分の持っているクレジットカードに補償がついているかを確認しましょう。クレジットカード会社の補償には条件付きのものもありますので、これも事前に確認しておくことをおすすめします。

ロストバゲージとなった荷物が出てきたとしても、手元に戻るまでには相当な時間がかかることは覚悟しておきましょう。航空会社によっては歯ブラシやシャンプーなど最低限のキットを手渡してくれたり、必要となる生活必需品を補償してもらえる場合もありますので、購入した際のレシートは捨てずにとっておくようにしましょう。


ネット海外旅行保険たびともの「航空機寄託手荷物遅延」では、6時間以上の遅延で身の回り品などの購入があった場合、1万円(定額)をお支払いする補償ですが、一定期間を過ぎても手元に戻らない場合は、携行品損害として請求ができるケースもあります。
※この説明は、2019年11月17日改定商品です。商品改定により内容が異なるケースがありますので、ご加入時には重要事項等説明書で 商品の内容をご確認ください。

自分に非がなくても、運悪く起きてしまうロストバゲージ。精神的ダメージに加え金銭的なダメージを被らないためにも、海外旅行保険やカード会社による保険をうまく活用しましょう。

LCD19-215 2020年2月

記載日:2020年03月13日

海外旅行トラブル対策トップへ