卒業旅行の注意点

  • LINEで送る

 

卒業旅行シーズン!

卒業旅行シーズン到来です!
 
この時期になると、すでに1回目の卒業旅行から帰ってきて、ほかの友人と2回目、3回目を企画されている、なんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
大学生であれば、卒業旅行は、長かった学生生活とのお別れの時でもあります。『もうすぐ就職する』と思うと、不安と緊張から旅行中にハメを外したくなったり、いつも以上にはしゃいでしまったりと、普段の生活では考えられないほど大胆になってしまうこともあるのではないでしょうか!
 
そんな時こそ注意が必要です。海外では、日本人は若く見られるうえに、防犯の意識がほかの国に比べて低いことから、盗難のターゲットにされやすいと言われています。友達と楽しく過ごすため、また健やかな状態で就職を迎えるためにも、事前の準備を万全に、そして防犯の意識を高くして旅行を楽しみましょう!
 

事前準備の注意点

目的を決める

友人との楽しい旅行も、目的が人それぞれだと現地で苦労することも。のんびりしたいと思っていたのに、観光で1日中連れまわされたり、スポーツを楽しみたいと考えていたのに、食い倒れツアーになってしまったり。グループで旅行へ行くのであれば、目的を明確にして計画を立てることをお勧めします。同じことを楽しいと思えるメンバーと旅行できるのが一番ですね。
 

予算を決める

お金や旅行に対する価値感がずれると、食事1回をとっても意見が食い違ったり、言い出せなくてもどかしい思いをしたりすることがあります。せっかくの大切な旅行で、すれ違いを起こさないためにも、ホテル代や飛行機代だけではなく、現地で使う費用の打ち合わせもしておきましょう!会計係も明確にして、金銭のもめ事を未然に防ぎましょう!
  

現地での注意点

まずは意識を変えること

日本人は狙われやすいということを常に意識しましょう!いつも無意識で行ってしまう動作の1つ1つに気を張って、周囲への注意を怠らないようにすることが盗難防止の第一歩です。
特に、財布やスマートフォンをカバンから出す時、しまう時、レストランで席を離れる時などは注意が必要です。リュックの外側のポケットなど、外からアクセスしやすい場所には大事なものはしまわないようにしましょう!

 

持ち物管理は自己責任

グループでの旅行における荷物のトラブルは、のちの友達関係にも影響を及ぼすようなことも。例えばパスポートの盗難にあった場合、再取得まで時間がかかるため現地で1人残されてしまう、というのはよく聞くことですよね。また、旅行途中に忘れ物をして、友達が楽しみにしていた予定をキャンセルするハメに、なんていうこともままあります。そんなときのために、移動するときには「忘れ物はない?」を合言葉にして、グループ全体で荷物を管理する意識を持ちましょう!

 

節度をもった行動を!

海外旅行はウキウキした気持ちになりますよね。非日常の中では行動は大胆になりやすく、言葉が通じないのをいいことにいつもよりも声が大きくなり騒がしくしてしまうなど、通常であれば配慮できるはずの注意ができなくなってしまうこともあります。遺跡に触る、落書きする、持ち帰ってはいけない植物を持ち帰るなど、開放感からか、普段はしないこともやってみたくなってしまうかもしれません。
 
できれば周囲の目ではなく、自分自身として恥ずかしくない行動を取るように努め、今後ますます活発になる海外渡航、または海外からの渡航者を増やせるように日本人としても恥ずかしくない旅行者となりたいですね。  

 

安全な旅行にするために

自分の行先の治安状況は非常に気になりますよね。初めて海外に行く人にとってはなおさらです。治安については、まずは外務省の海外安全ホームページを参照しましょう。また、ガイドブックの治安解説欄やコラムも参考になりますので、ガイドブックはグループで共有して、人任せではなく、1人1人が治安状況を把握し、安全な旅行になるよう努めてください。
 
 
とはいえ、人生に何度かしかない卒業旅行!友人との旅行を思い切り楽しんできてください。

記載日:2020年02月05日

海外旅行トラブル対策トップへ