新型コロナウイルスによる肺炎感染対策

  • LINEで送る

連日ニュースで報道されているとおり、中国の湖北省武漢市を中心に発生した新型コロナウイルスによる肺炎感染が拡大しています。
厚生労働省ホームページでは、有効な抗ウイルス薬等の治療法はなく、対症療法を行うとされていることから、どの国に滞在されている場合でも、身の安全を第一に考えたうえ、感染予防を心がけましょう。
現時点(2020年2月17日)で報道されている情報をまとめましたので、ご参考ください。なお、状況は極めて流動的なため、これから海外旅行へ出かけられる場合は、渡航先の最新情報を確認することをお勧めします。

※当記事は随時更新しております。
 

【新型コロナウイルス基本情報】

● 毒性:SARSより低い。治療薬は現在開発中でまだないが、重症化するのは高齢者や基礎疾患をもつ人の割合が大きいとされている。
● 感染力:SARSより高い。潜伏期間内に感染する可能性あり。
● 感染経路:現時点では、飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。
● 潜伏期間:通常2~7日間、最大2週間
● 重症になるリスクが高い方:免疫力が低下している方(ご年配の方、糖尿病や高血圧など基礎疾患がある方などは注意が必要です)
 
● 予防対策
  1.ウイルス対策マスク着用
  2.こまめな手洗い(石けんを使用し、20秒以上行う)
      3.目・口・鼻を極力触らない
    4.せき・くしゃみをする際に、上着の内側や袖で覆う
  5.うがい
  6.人込みを避ける
  7.十分な水分と休息を取り、体力・免疫力を保つ

● 感染範囲
  1.中国:全土(香港・マカオ含む)
  2.その他地域:日本、韓国、台湾、タイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、ベトナム、ネパール、スリランカ、カンボジア、インド、アラブ首長国連邦、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イタリア、フランス、ドイツ、イギリス、ロシア、スペイン、スウェーデン、フィンランド、ベルギー、エジプト
 
(出典元:中国医療系サイト丁香園 https://ncov.dxy.cn/ )
 
● 詳細
  詳細情報に関しては下記のページをご参照ください。
  厚生労働省関連情報:
  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
  外務省海外安全ホームページ関連情報:
  https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2020C027.html
 

【中国湖北省に滞在中・渡航予定の方】

外務省海外安全ホームページでは、2020年1月24日から、中国湖北省全域の感染症危険レベルがレベル3に引き上げられ、2020年2月17日現在も渡航をやめるよう促しています。
湖北省はほぼ全域が封鎖され、現地では指定病院に人が溢れているとの報道もあり、病院で受診できるまで長時間待つ可能性もあります。万が一、熱、せきなどの症状が出た場合には、速やかに医療機関を受診し医師の指示に従って行動しましょう。
今回の新型コロナウイルスに対して、一部の指定病院はオンライン診療を行っています。オンライン診療・電話診療の有無を調べておき、いざというときには速やかに病院とコンタクトできるよう準備しておくと安心です。
 

【その他中国地域に滞在中・渡航予定の方】

世界保健機関(WHO)は,2020年1月31日から、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」を宣言しています。また、外務省海外安全ホームページでは、2020年2月14日から、浙江省温州市の感染症危険レベルがレベル3に引き上げられ、2020年2月17日現在も渡航をやめるよう促しています。湖北省全域と浙江省温州市以外の中国地域の感染症危険レベルがレベル2になっており、2020年2月17日現在も不要不急の渡航をやめるよう促しています。滞在中の方は、自身の安全を第一に考えて行動してください。
 
各種報道により、湖北省以外、複数の地域・都市でも移動を制限する措置がとられています。いざという時に備え、常に日本国大使館・領事館のホームページを確認し、最新情報を入手するよう心がけましょう。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_009.html
 
なお、現地各公館は、滞在する外国人向けの案内を発表し、英語・日本語対応ができるホットラインを開設していますので、ご確認ください。
 在中国日本国大使館管内各地域の外国人向けホットラインと発熱外来
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000391.html
 在広州日本国総領事館管内各地域の外国人向けホットラインと発熱外来
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=78442
 在上海日本国総領事館管内各地域の外国人向けホットラインと発熱外来
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=78458
 在重慶日本国総領事館管内各地域の外国人向け緊急連絡先
https://www.chongqing.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000767.html
 在瀋陽日本国総領事館管内各地域の外国人向け電話窓口
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=78448
 大連市に滞在する外国人向け肺炎に関するホットライン
https://mp.weixin.qq.com/s/oaklltSYMYr8gYeVNsGCGA
 在青島日本国総領事館管内各地域の外国人向けホットライン
https://www.qingdao.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_001150.html
 
また、2月以降、中国と日本の航空路線の一部が運休しています。航空機の利用予定がある方は、各航空会社のホームページを確認し、最新情報を取得しましょう。
 
これから渡航される方は、現状をよく確認したうえで、安全を第一に考えて判断することをお勧めします。
 

【その他海外地域に滞在中・渡航予定の方】

現時点(2020年2月17日)で、中国以外での症例も複数の国・地域から報告されています。海外滞在中の方は、焦らず油断せず、きちんと予防対策を行いましょう。
外務省海外安全ホームページで、滞在地の問い合わせ先を確認し、必要な場合には随時連絡できるように準備しておきましょう。発熱した場合、マスクをして医療機関を受診し、医師の指示に従って行動しましょう。
海外旅行保険に加入された方は、事前に提携病院の情報、利用方法などを確認しておくことをお勧めします。また、これから海外に渡航される方は、マスクの着用や手洗いなどの予防対策を心掛けましょう。その他海外旅行中の病気やケガ対策について、以前のトラブルコンテンツにも掲載しておりますので、下記リンク先よりご確認ください。
https://www.hs-sonpo.co.jp/travel/protect/article/article_3.php

リアルタイムで感染状況を可視化したマップは下記リンク先より確認できます。
https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6
内容は英語になっていますが、赤・白・緑の数字はそれぞれ確認・死亡・回復の人数になっています。また、「Others」のデータはクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の感染状況になっています。
 
海外で通院すると、費用が高額になる可能性があるため、事前に海外旅行保険に加入しておくことをお勧めします。

なお、新型コロナウイルス感染拡大による各国での検疫体制強化に伴い、入国条件を厳格化している国もあります。状況次第で、各国の入国条件が変わるため、渡航先各国の大使館・領事館および保健機関関連情報などで、事前に最新情報をご確認ください。
 

【たびともご契約者様】

海外旅行保険たびともにおけるコロナウイルスの取り扱いは以下の通りとなります。
https://www.hs-sonpo.co.jp/information/index.php?i=557
 
海外旅行中に体調を崩された場合、キャッシュレス提携医療機関であれば、自己負担なく治療が受けられます。利用方法について、下記リンク先よりご確認ください。
キャッシュレス医療案内
https://www.hs-sonpo.co.jp/travel/support.php
キャッシュレス提携医療機関
https://www.hs-sonpo.co.jp/store/cashless.html
 
感染の疑いがある方は、各都道府県が設置している帰国者・接触者相談センターを確認し、最寄りのセンターへご連絡ください。
新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html
 
なお、旅行をキャンセルする場合、マイページにログインいただき、保険契約の取消が可能です。その他変更(旅行日程の変更、旅行期間の短縮・延長等)についても、マイページにログインいただき、手続きが可能です。ご旅行前に一度マイページをご確認いただくことをお勧めいたします。
ご不明点ありましたら、たびともAIチャットもご利用ください。
https://qa.hitto.jp/89/4/8fac8b/

記載日:2020年02月17日

海外旅行トラブル対策トップへ