海外旅行中の航空機対策

  • LINEで送る
(補償項目:航空機寄託手荷物遅延・航空機遅延(※))
航空機が遅延した!スーツケースが出てこない!

 
航空機の遅延・欠航や航空会社へ預け入れたスーツケースが届かないなど、思いがけないトラブルに遭遇するケースがあります!
 

良くある被害状況とその対策

航空機が欠航し、現地で延泊することになった

航空機が遅延・欠航することは、自分自身で対策をとることは困難です。
そのため、発生した際に慌てず行動がとれるよう事前準備をしておきましょう。

・ネット海外旅行保険「たびとも」にご加入のお客様は、航空機が遅延・欠航した場合、保険期間は72時間を限度に延長されます。帰国するのに72時間以上経過する場合は、クローバーページから延長手続きをしましょう。
・ネット海外旅行保険「たびとも」にご加入のお客様は、航空機が6時間以上遅れた場合、現地で負担した食事代や宿泊費が補償の対象になります。(※)負担した費用の領収証は必ず手元に保管しましょう。

 

預けた手荷物が出てこない(ロストバゲージ)

・仕分けミスを防ぐ(古い手荷物タグは外す)
・目印(ステッカーなど)をつけて判別しやすい荷物にする
・貴重品や現金などは、手荷物として機内へ持ち込む
 

もしもの時に役立つ事前準備(控える情報)

・加入している海外旅行保険の連絡先
・クレジットカード会社の連絡先(カード番号、有効期限)
・利用している携帯電話、スマートフォンの通信事業者(通信キャリア)の連絡先
・航空会社の連絡先
・利用旅行会社の現地連絡先
・宿泊ホテルの連絡先
・旅行中の家族連絡先
・日本大使館または領事館の所在地と連絡先
・簡単な英会話(たびともサポートアプリでは、病気・ケガにあった際によく使うフレーズの紹介をしています。ご旅行前にたびともサポートアプリをダウンロードしてお出かけください。)
 

空港や航空機でトラブルが起こったときは

・荷物が届かない場合は、空港のスタッフに確認を取りましょう。ロストバゲージが確定した際は、航空会社の補償が受けられる場合がありますので航空会社に確認を取りましょう。
・ネット海外旅行保険「たびとも」にご加入のお客様は、証明書類(航空会社の証明書・現地で支出した費用の領収証等)を取得し、ご帰国後にエイチ・エス サポートセンターへご連絡ください。(24時間365日 日本語対応)
次に取るべき行動や必要な書類などのご案内をいたします。事前に保険金をご請求する際の必要書類についてご覧になりたい方はこちらからもご確認いただけます。


※たびとものご契約では、航空機遅延はオプションです。
 

LCD17-188 2018年3月


 


 

 

記載日:2018年05月28日

海外旅行トラブル対策トップへ