クレジットカード付帯海外旅行保険と「たびとも」の違い

  • LINEで送る

クレジットカード付帯の海外旅行保険をご利用の方必見!



海外旅行に行く際には、海外旅行保険を検討される方も多いと思います。中には、クレジットカード付帯の海外旅行保険があるから大丈夫!と思っている方もいるのではないでしょうか?
ここでは、クレジットカード付帯の海外旅行保険とエイチ・エス損保のネット海外旅行保険「たびとも」の違いについてご紹介します。
 

クレジットカード付帯海外旅行保険を知ろう!

クレジットカードには、所有しているだけで海外旅行保険や国内旅行保険が付帯しているものがありますが、旅行代金等を決済しないとこれらの保険が付帯されないクレジットカードもあります。そのため、ご自分のクレジットカードが利用付帯であるか自動付帯であるかを旅行前にチェックしましょう。
 

利用付帯と自動付帯とは?

利用付帯 クレジットカードで海外旅行のツアー代金等旅行関連商品を支払った場合に海外旅行保険が付帯されることをいいます。(カードの種類により、海外旅行保険が適用される利用条件があります。)
自動付帯 クレジットカードを所有しているだけで、海外旅行保険が付帯されることをいいます。

 

クレジットカード付帯海外旅行保険とネット海外旅行保険「たびとも」の補償

クレジットカード付帯の海外旅行保険と「たびとも」の補償項目・保険金額



海外では、治療費用が高額になる可能性があります。表のとおり、クレジットカード(一般カード)で補償されている治療費用は、「たびとも」に比べ低額なものが多いことが見て取れます。また、疾病死亡や航空機関連の補償がないなど、治療費用の保険金額だけではなく、そもそもクレジットカード付帯の海外旅行保険では付帯されない補償項目もあります。海外旅行へ行く前には、事前にご自身のクレジットカード付帯の海外旅行保険について、①どの程度の治療費用がまかなえるのか②どのような補償項目があるのか、を確認してからお出かけください。
 

実際に治療費用はどのくらいかかるの?

では、実際に海外では治療費用はどのくらいかかるのでしょうか?実際にエイチ・エス損保で受け付けたトラブル事例をご紹介します。
 

海外旅行中に実際におきたトラブル事例

旅行先:韓国 支払保険金額:686万円
脳内出血で入院し治療・救援者費用が発生


旅行先:中国 支払保険金額:200万円
盲腸で入院し治療・救援者費用が発生

旅行先:ハワイ 支払保険金額:200万円
下痢の症状で入院し治療費用発生

旅行先:イタリア 支払保険金額:700万円
急性心筋梗塞で入院し治療・救援者費用が発生
※事故例は2016年9月時点での情報です。(エイチ・エス損保調べ)

単なる風邪ならば、クレジットカード付帯の海外旅行保険でまかなえますが、上記のような高額な治療費用がかかったケースも少なからず、発生しています。
海外ではちょっとしたことで体調を崩しやすくなるため、治療費用の保険金額は手厚くしておくことをおススメします。
 

「たびとも」のメリット

治療費用の補償が手厚い

「たびとも」では、最低でも治療費用1,000万円の補償があり、ご契約者ご本人の契約(※)であれば、、治療費用無制限プランもご用意しています。
※ファミリープランの場合は、本人を含む契約
 

オプション契約で航空機遅延補償が付帯できる

「たびとも」では、航空機が6時間以上遅れた場合に出発地でかかった食事代や宿泊代が補償される航空機遅延補償をオプションでご用意しています。
※航空機遅延補償は、出発日当日のお申し込みにはセットできません。

 

まとめ

クレジットカード付帯の海外旅行保険を検討中の方は、カードの種類により、利用条件や補償内容・保険金額が異なるため、海外旅行の前に必ず確認をしておくことが重要なポイントです。

また、クレジットカード付帯の海外旅行保険の補償では、少し不十分だと感じる場合には、「たびとも」に限らず通常の海外旅行保険をプラスで加入されることをオススメします。

※クレジットカード付帯の海外旅行保険には、それぞれ限度額や支払いの条件があります。また、クレジットカードのご利用条件や「たびとも」の補償は変わることがありますので、最新情報は各社HPをご確認ください。
 
LCD18-056 2018年6月

記載日:2018年07月02日

海外旅行トラブル対策トップへ