• HOME
  • 海外トラブル対策

自分の身は自分で守る海外トラブル対策

事故発生件数第1位 携行品損害

海外で遭遇するトラブルで、一番多い損害が身の回り品の盗難・破損事故です(※)!

携行品損害

盗難トラブルを防止しよう

まずは、よくある盗難の手口を知ることが大切です。特に、パスポート・財布・スマートフォンは盗難被害が多発していますので、肌身離さず持ち歩きましょう!

よくあるトラブルと対策

公共交通機関などの人混みで、歩行中スリに遭遇する

・バッグのファスナーは締め、たすき掛けをして、前方にバッグを抱える

・現金を持ち歩く場合は、分散して携帯する

レストランで食事中、椅子に掛けておいたバッグが、いつの間にか盗まれる

・手荷物は手から離さない(隣の空いているスペースに置くことも危険信号!)

盗難への備え

・現金やクレジットカードは分散して持つ

・クレジットカード番号やスマートフォンのシリアル番号、緊急連絡先を控えておく

万一、盗難事故に遭ってしまったら

・警察、在外公館、クレジットカード会社、旅行会社などに届出・連絡を行う

破損トラブルを防止しよう

スマートフォンによる事故が多発!生活にも旅行にも欠かせないスマートフォンは大切に持ち歩きましょう!

よくあるトラブルと対策

ビーチやプールなどの水辺でスマートフォンを落として電源が入らなくなる

・ビニール袋など水濡れ対策を行う

・手から離れないスマホケースやネックストラップを使う

歩きスマホをしていて、人にぶつかって落として壊す。(またはぶつかられる)

・歩きスマホはしない

・周囲をよく見て歩く

場合によっては、他人のものを壊す損害賠償などのトラブルにも発展しますので、歩きスマホはやめましょう!
ハワイでは、道路横断中のスマホ禁止条例が制定されています。(在ホノルル日本国総領事館

事故発生件数第2位 
治療・救援費用

携行品損害に次いで多いトラブルが、海外での体調不良!年齢を問わず、食習慣の違いや時差などで、体調を崩す方からの連絡があとをたちません。

治療・救援費用

体調を崩さないために!

楽しい海外旅行を楽しく終わらせるために、ちょっとした工夫に取り組みましょう。

よくあるトラブルと対策

吐き気・腹痛

・飲み水はもちろん歯磨きの際もミネラルウォーターやろ過処理した水を使う。

・体調が優れないときは、屋台で売っている食べ物は避ける。

・頻繁に手洗いやうがいをする。

エコノミークラス症候群対策

・飛行機に搭乗中は、姿勢を頻繁に変えたり、足の運動をするよう努める。

・水分を意識して摂取し、脱水状態をつくらない。

海外旅行中は「自分の身は自分で守る」という心構えをしっかりと持つことが大切です。旅行を楽しむためにも、対策はしっかり行いましょう!

※ 当社海外旅行保険および旅行目的地通知型ネット専用海外旅行保険(2016年4月~2017年3月) にかかるエイチ・エス損保調べ (2017年7月現在)