栄光の3日間 2019

栄光の3日間

基本情報

開催日: 11月16日~11月18日
場所:フランス ブルゴーニュ ボーヌ

栄光の3日間とは

栄光の3日間とは、毎年11月第3週末に、ブルゴーニュワインの産地として有名なボーヌで開催されるブルゴーニュ地方最大のワイン祭りです。二日目の日曜日にオスピス・ド・ボーヌで行われるワインオークションは、世界最古のワインオークションとも言われ、お祭りのハイライトです。ワインのプロ向けのお祭りですが、ワインの試飲やグルメが堪能できるので、毎年世界中から観光客が訪れています。


また、様々なストリートパフォーマンス、ぶどう畑の間を走り抜けるハーフマラソン大会も行われます。日本からも「栄光の3日間」というツアーが組まれているため、ワイン好きの方は検討してみてはいかがでしょうか。ここでは、「栄光の3日間」を楽しむためのポイントをチェックしましょう。

ポイント

・栄光の3日間の期間中、ボーヌ市内で様々な会場でワインの試飲会が行われます。その中で、パレ・デ・コングレで開催される大試飲会は約150回を数える歴史があり、ブルゴーニュを代表する超有名なスタードメーヌのワインを堪能できます。

・ワインオークションの会場として使われているオスピス・ド・ボーヌは、西暦1443年に創設された貧しい人たちに無料で医療を施す病院(施療院)でした。栄光の3日間以外は、医学博物館になっている歴史的建築物でもあります。

・マール村、ムルソー村、ヴォルネイ村といったワインで世界的に有名な村を舞台に行なわれるハーフマラソン大会は、ワイン生産地の田園風景を眺めながら走るユニークな大会です。また、マラソン初心者でも走れる10キロメートルのコースもあります。

安全について

残念ながら、外務省海外安全ホームページによると、フランスに渡航する際には、テロに対する特別な警戒が必要です。滞在中は、訪問先の治安状況や警備体制を確認したうえ、行動しましょう。

ブルゴーニュ地方は、フランス国内でも比較的安全な地域と言われていますが、大勢の人が集まっているイベント会場がテロの標的となる可能性もあります。現地でイベントを楽しむ際には、滞在時間を可能な限り短くして避難経路を確認し、周囲の状況に注意を払い、テロ事件等に巻き込まれることのないよう十分ご注意ください。

安全TIPS

・観光旅行者が多数訪問するイベント期間中、スリ、置き引き、ひったくり等の犯罪が普段より多発する可能性があります。お財布や貴重品は他人から見えないようにしましょう。

・ワインを楽しむイベントのため、夕方以降になるとムードが変わり、酔っ払いが多くなる可能性があります。なるべく友人と一緒にグループになって行動することをお勧めします。

・在ストラスブール日本国総領事館が作成した日本人向けの「安全の手引き」があります。ブルゴーニュ地方も含まれており、安全な旅行に役立つ資料ですので、ご旅行前にご確認ください。
https://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/files/000439010.pdf

・フランスへの渡航について、詳細な安全対策・緊急連絡先などの情報は、外務省海外安全ホームページでご確認ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info /pcsafetymeasure_170.html

記載日:2019年09月30日