アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭 2019

音楽祭の画像

基本情報

開催日: 6月21日~9月7日
場所:イタリア ヴェローナ

アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭とは

毎年6月下旬から8月下旬にかけて、ヴェローナにあるローマ時代の円形闘技場が劇場と化して開催される、世界最大規模の野外オペラ音楽祭です。 1913年から開催されており、その歴史は100年以上。世界中のオペラファンを魅了しています。


円形闘技場アレーナは2000年前に建築された遺跡ですが、音響効果も優れており、どこの席にいっても、迫力ある歌声がはっきりと耳に届くのです。通常のオペラ劇場では見ることのない巨大な舞台、古代ローマ時代の大理石階段、それらが独特の雰囲気を醸し出します。


ヨーロッパの夏の音楽シーンを代表するアレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭は、オペラが好きではない人にも、ぜひ一度体験してもらいたい、夏の風物詩です。早速見どころをチェックしましょう。


*このイベントに参加するためにはチケットが必要です。購入方法など詳しい情報は公式サイトでご確認ください。https://www.arena.it/arena/en

見どころ

・古代ローマの円形闘技場の遺跡で、夕陽、月、星、キャンドルの光に照らされた幻想的な雰囲気の中、世界で最も有名なオペラを堪能できます。その空間は、想像を絶するほど感動的だとも評されています。
・3大テノールの1人として知られるオペラ界の巨匠であるプラシド・ドミンゴは、今年で「アレーナ・ディ・ヴェローナ」デビュー50周年を迎えます。8月4日の夜、「オペラスペシャル:プラチド・ドミンゴ50周年記念」コンサートが上演される予定です。
・今年は、作曲家ジュゼッペ・ヴェルディの代表作『椿姫』、『アイーダ』、『イル・トロヴァトーレ』が上演される予定です。『アイーダ』では1913年のアレーナ初公演の時の舞台デザインを組み合わせた古典的な演出がされます。更に、7月28日の『アイーダ』公演には、プラシド・ドミンゴがコンダクターとして出演します。

安全について

2019年6月28日現在、外務省海外安全ホームページでは、イタリアでの危険情報や感染症危険情報は出ておりません。しかし 、観光地における日本人観光客等の犯罪被害件数は依然として高い水準で推移しています。

特に、スリ、ひったくりが多発していますので、どんな場面でも荷物から目を離さないことが一番大切です。多額の現金、貴重品を持ち歩かないように、また、バッグは車道側の手で持たないように心掛けましょう。

安全TIPS

・夏の野外オペラ音楽祭のため、天候により公演が中止となる可能性があります。また、天候が崩れると、気温の変化が激しくなる可能性もありますので、滞在中は現地の天気予報を確認したうえで対策を取りましょう。
・開演時刻はだいたい21時ぐらいです。天候等の原因で開演が遅れる場合もありますので、終演は深夜の時間帯になる可能性もあります。観劇をする日は会場付近のホテルで宿泊することをおすすめします。
・在ミラノ日本国総領事館は、日本人向けの「安全の手引き」を作成しています。ヴェローナを含め、北イタリアでの安全な旅行に役立つ資料ですので、ご確認ください。
https://www.milano.it.emb-japan.go.jp/attached_docs/guida_anzen.pdf
・詳細な安全対策、緊急連絡先などは、外務省海外安全ホームページでご確認ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/ pcsafetymeasure_153.html

記載日:2019年06月28日