マイページ
商品別に契約内容をご確認いただけます。
ネット海外旅行保険
たびとも
マイページ ログイン
国内旅行総合保険
マイページ ログイン
けがの保険
ライトネッと
本商品は販売終了いたしました。
ご契約内容については、お手元の「保険証券」でご確認ください。
家財総合保険
やさしいネッと
本商品は販売終了いたしました。
ご契約内容については、お手元の「保険証券」もしくは「契約確認書」でご確認ください。
賃貸住宅にお住まいの方の大切な家財の損害を補償 エイチ・エス損保のやさしいネッと

やさしいネッと

補償の概要

家財の補償

種類 お支払いする主な場合 お支払いする保険金
①火災 失火やもらい火等さまざまな原因で発生した火災、落雷、ガス漏れ等による破裂または爆発によって家財が損害を受けた場合 損害の額
ただし、保険金額が限度

※保険証券に明記された宝石、貴金属、美術品等の盗難による損害は、1事故につき1個または1組100万円が限度
(宝石、貴金属、美術品等の明記物件が保険証券に明記されていない場合で、これらの物に損害が生じたときは、これらの物を1個または1組30万円とみなして保険金をお支払いします。ただし、1事故につき100万円が限度)
②落雷
③破裂・爆発
④風災、ひょう災、雪災 風災、雹(ひょう)災、雪災によって家財が損害を受け、その家財の損害額が20万円以上となった場合
⑤建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等 自動車のとび込み等建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等によって家財が損害を受けた場合
⑥給排水設備の事故等による水ぬれ 給排水設備に生じた事故または他人の戸室で生じた事故に伴う漏水・放水・溢(いっ)水による水ぬれによって家財が損害を受けた場合(給排水設備自体に生じた損害については保険金のお支払いの対象となりません。)
⑦騒じょう、集団行動、労働争議に伴う暴力行為 騒擾(じょう)、集団行動、労働争議に伴う暴力行為、破壊行為によって家財が損害を受けた場合
⑧-1
家財の盗難
家財が盗難された場合や盗難により家財が損傷・汚損した場合
⑧-2
通貨の盗難
通貨、預貯金証書、通帳、キャッシュカードが盗難された場合
ただし、預貯金証書、通帳、キャッシュカードの盗難の場合は、預貯金先に被害の届出をしたにもかかわらず、預貯金口座から現金が引き出された場合に限ります。
盗難にあった通貨の額
ただし、1事故につき1敷地内ごとに20万円が限度
⑧-3
預貯金証書、通帳、キャッシュカードの盗難
盗難にあった預貯金証書等の預貯金口座から引き出された現金の額
ただし、1事故につき1敷地内ごとに保険金額または200万円のいずれか低い額が限度
⑨持ち出し家財の事故 旅行等のために保険証券記載の賃貸住宅から一時的に持ち出された家財が日本国内の他の建物内において、上記①~⑧-1の事故により損害を受けた場合 損害の額
ただし、1事故につき100万円または保険金額×20%のいずれか低い額が限度
⑩水災 台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等の水災によって、家財が損害を受け、その損害の状況が(ア)または(イ)のいずれかに該当する場合
(ア)家財に保険価額(※)の30%以上の損害が生じた場合
(イ)家財を収容する賃貸住宅が床上浸水を被り、家財に損害が生じた場合
(※)損害が生じた地および時における家財の再調達価額(明記物件の場合は市場価格)をいいます。
(ア)の場合: 損害額または保険金額のいずれか低い額×70%
(イ)の場合:
  • 家財の損害割合が15%以上30%未満の場合
    保険金額×10%
    ただし、1事故につき1敷地内ごとに200万円が限度
  • 家財の損害割合が15%未満の場合
    保険金額×5%
    ただし、1事故につき1敷地内ごとに100万円が限度
※損害割合とは、保険価額に対する損害額の割合をいいます。
⑪不測かつ突発的な事故 上記①~⑩以外の不測かつ突発的な事故によって、家財が損害を受けた場合 損害の額から自己負担額(5千円)を差し引いた額
ただし、1事故につき30万円が限度
⑫臨時費用保険金 上記①~⑦の損害保険金が支払われる場合 損害保険金×30%
ただし、1事故につき1敷地内ごとに100万円が限度
⑬残存物取片づけ費用保険金 上記①~⑦の損害保険金が支払われる場合において、それぞれの事故によって残存物の取り片づけに必要な費用が発生した場合 残存物の取り片づけに必要な費用の実費
ただし、損害保険金×10%の額が限度
⑭失火見舞費用保険金 上記①または③の事故により他人の所有物を滅失、損傷、汚損させた場合 被災世帯数×20万円
ただし、1事故につき保険金額×20%が限度
⑮地震火災費用保険金 地震、噴火またはこれらによる津波を原因とする火災によって、家財が全焼した場合またはその家財を収容する賃貸住宅が半焼以上となった場合 保険金額×5%
ただし、1事故につき1敷地内ごとに300万円が限度
⑯ドアロック交換費用保険金 日本国内において家財を収容する賃貸住宅の出入り口のドアの鍵が盗まれたため、入居者(被保険者)の負担でドアロックを交換した場合 ドアロックの交換費用の実費
ただし、ドアロック1個ごとに3万円、1事故につき10万円が限度
⑰損害防止費用保険金 上記①~③の事故による損害(地震火災費用の損害を除く)の発生および拡大防止のために必要または有益な費用(消火薬剤等の費用)を支出した場合 次の損害防止費用の実費
①消火活動のために費消した消火薬剤等の再取得費用
②消火活動に使用したことにより損傷した物の修理・再取得費用
③消火活動のために緊急に投入された人員・器材の費用
種類 お支払いする主な場合
①火災 失火やもらい火等さまざまな原因で発生した火災、落雷、ガス漏れ等による破裂または爆発によって家財が損害を受けた場合
②落雷
③破裂・爆発
④風災、ひょう災、雪災 風災、雹(ひょう)災、雪災によって家財が損害を受け、その家財の損害額が20万円以上となった場合
⑤建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等 自動車のとび込み等建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等によって家財が損害を受けた場合
⑥給排水設備の事故等による水ぬれ 給排水設備に生じた事故または他人の戸室で生じた事故に伴う漏水・放水・溢(いっ)水による水ぬれによって家財が損害を受けた場合(給排水設備自体に生じた損害については保険金のお支払いの対象となりません。)
⑦騒じょう、集団行動、労働争議に伴う暴力行為 騒擾(じょう)、集団行動、労働争議に伴う暴力行為、破壊行為によって家財が損害を受けた場合
⑧-1
家財の盗難
家財が盗難された場合や盗難により家財が損傷・汚損した場合
⑧-2
通貨の盗難
通貨、預貯金証書、通帳、キャッシュカードが盗難された場合
ただし、預貯金証書、通帳、キャッシュカードの盗難の場合は、預貯金先に被害の届出をしたにもかかわらず、預貯金口座から現金が引き出された場合に限ります。
⑧-3
預貯金証書、通帳、キャッシュカードの盗難
⑨持ち出し家財の事故 旅行等のために保険証券記載の賃貸住宅から一時的に持ち出された家財が日本国内の他の建物内において、上記①~⑧-1の事故により損害を受けた場合
⑩水災 台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等の水災によって、家財が損害を受け、その損害の状況が(ア)または(イ)のいずれかに該当する場合
(ア)家財に保険価額(※)の30%以上の損害が生じた場合
(イ)家財を収容する賃貸住宅が床上浸水を被り、家財に損害が生じた場合
(※)損害が生じた地および時における家財の再調達価額(明記物件の場合は市場価格)をいいます。
⑪不測かつ突発的な事故 上記①~⑩以外の不測かつ突発的な事故によって、家財が損害を受けた場合
⑫臨時費用保険金 上記①~⑦の損害保険金が支払われる場合
⑬残存物取片づけ費用保険金 上記①~⑦の損害保険金が支払われる場合において、それぞれの事故によって残存物の取り片づけに必要な費用が発生した場合
⑭失火見舞費用保険金 上記①または③の事故により他人の所有物を滅失、損傷、汚損させた場合
⑮地震火災費用保険金 地震、噴火またはこれらによる津波を原因とする火災によって、家財が全焼した場合またはその家財を収容する賃貸住宅が半焼以上となった場合
⑯ドアロック交換費用保険金 日本国内において家財を収容する賃貸住宅の出入り口のドアの鍵が盗まれたため、入居者(被保険者)の負担でドアロックを交換した場合
⑰損害防止費用保険金 上記①~③の事故による損害(地震火災費用の損害を除く)の発生および拡大防止のために必要または有益な費用(消火薬剤等の費用)を支出した場合
種類 お支払いする保険金
①火災 損害の額
ただし、保険金額が限度

※保険証券に明記された宝石、貴金属、美術品等の盗難による損害は、1事故につき1個または1組100万円が限度
(宝石、貴金属、美術品等の明記物件が保険証券に明記されていない場合で、これらの物に損害が生じたときは、これらの物を1個または1組30万円とみなして保険金をお支払いします。ただし、1事故につき100万円が限度)
②落雷
③破裂・爆発
④風災、ひょう災、雪災
⑤建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等
⑥給排水設備の事故等による水ぬれ
⑦騒じょう、集団行動、労働争議に伴う暴力行為
⑧-1
家財の盗難
⑧-2
通貨の盗難
盗難にあった通貨の額
ただし、1事故につき1敷地内ごとに20万円が限度
⑧-3
預貯金証書、通帳、キャッシュカードの盗難
盗難にあった預貯金証書等の預貯金口座から引き出された現金の額
ただし、1事故につき1敷地内ごとに保険金額または200万円のいずれか低い額が限度
⑨持ち出し家財の事故 損害の額
ただし、1事故につき100万円または保険金額×20%のいずれか低い額が限度
⑩水災 (ア)の場合: 損害額または保険金額のいずれか低い額×70%
(イ)の場合:
  • 家財の損害割合が15%以上30%未満の場合
    保険金額×10%
    ただし、1事故につき1敷地内ごとに200万円が限度
  • 家財の損害割合が15%未満の場合
    保険金額×5%
    ただし、1事故につき1敷地内ごとに100万円が限度
※損害割合とは、保険価額に対する損害額の割合をいいます。
⑪不測かつ突発的な事故 損害の額から自己負担額(5千円)を差し引いた額
ただし、1事故につき30万円が限度
⑫臨時費用保険金 損害保険金×30%
ただし、1事故につき1敷地内ごとに100万円が限度
⑬残存物取片づけ費用保険金 残存物の取り片づけに必要な費用の実費
ただし、損害保険金×10%の額が限度
⑭失火見舞費用保険金 被災世帯数×20万円
ただし、1事故につき保険金額×20%が限度
⑮地震火災費用保険金 保険金額×5%
ただし、1事故につき1敷地内ごとに300万円が限度
⑯ドアロック交換費用保険金 ドアロックの交換費用の実費
ただし、ドアロック1個ごとに3万円、1事故につき10万円が限度
⑰損害防止費用保険金 次の損害防止費用の実費
①消火活動のために費消した消火薬剤等の再取得費用
②消火活動に使用したことにより損傷した物の修理・再取得費用
③消火活動のために緊急に投入された人員・器材の費用

賠償等の補償

種類 お支払いする主な場合 お支払いする保険金
⑱個人賠償責任 被保険者が日常生活に起因する偶然な事故、または、賃貸住宅の使用または管理に起因する偶然な事故により、他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊し、法律上の損害賠償責任を負った場合 損害賠償金、当社が承認した訴訟費用、弁護士費用、示談費用等
ただし、1事故につき保険証券記載の支払限度額が限度
⑲借家人賠償責任 上記①③⑥⑧-1~3の事故によって借用戸室が損壊し、被保険者(借主・入居者)が借用戸室の貸主に対して法律上の損害賠償責任を負った場合
⑳修理費用 上記①~⑧-3および⑩⑪の事故により借用戸室に損害が生じたとき、または、借用戸室の専用水道管が凍結により損壊(※)したときに、借用戸室の貸主との契約に基づき、被保険者(借主・入居者)が借用戸室または借用戸室の専用水道管を自己の費用で修理した場合

(※)パッキンのみに生じた損害を除きます。
修理費用の実費
ただし、1事故につき次の額が支払限度
  • ①~⑧-3の事故
    保険証券記載の支払限度額
  • ⑩⑪の事故
    30万円
  • 専用水道管の損壊
    1敷地内ごとに10万円
種類 お支払いする主な場合
⑱個人賠償責任 被保険者が日常生活に起因する偶然な事故、または、賃貸住宅の使用または管理に起因する偶然な事故により、他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊し、法律上の損害賠償責任を負った場合
⑲借家人賠償責任 上記①③⑥⑧-1~3の事故によって借用戸室が損壊し、被保険者(借主・入居者)が借用戸室の貸主に対して法律上の損害賠償責任を負った場合
⑳修理費用 上記①~⑧-3および⑩⑪の事故により借用戸室に損害が生じたとき、または、借用戸室の専用水道管が凍結により損壊(※)したときに、借用戸室の貸主との契約に基づき、被保険者(借主・入居者)が借用戸室または借用戸室の専用水道管を自己の費用で修理した場合

(※)パッキンのみに生じた損害を除きます。
種類 お支払いする保険金
⑱個人賠償責任 損害賠償金、当社が承認した訴訟費用、弁護士費用、示談費用等
ただし、1事故につき保険証券記載の支払限度額が限度
⑲借家人賠償責任
⑳修理費用 修理費用の実費
ただし、1事故につき次の額が支払限度
  • ①~⑧-3の事故
    保険証券記載の支払限度額
  • ⑩⑪の事故
    30万円
  • 専用水道管の損壊
    1敷地内ごとに10万円

LCD15-113 2017年1月