11月12日時点の情報です。
最新の情報は必ず参照元サイトをご確認ください。

ベトナムの新型コロナに係る入国制限・現地情報

1.入国制限について

【ポイント】

  • 観光目的での入国は不可。
  • 事前に入国承認等の申請が必要
  • 入国前にPCR検査等の受検と陰性証明書の取得、オンラインでの医療申告が必要
  • 入国後最低14日間の隔離、所定回数のPCR検査受検、14日間の健康観察が必要(ワクチン接種の有無で変更あり)

ベトナムへの入国規制措置

2020年7月12日付首相結論文書第238号(原文、仮訳)2では、「外国の外交官、専門家、投資家、高技能労働者、ベトナムで勉強する生徒及び学生に対する入国許可を迅速に行うことを継続する。外交官、投資家及び専門家の家族(父、母、配偶者及び子供)のベトナムへの入国を許可する。」と規定されています。観光客の入国を認めていません。

現時点では、ベトナムへの入国には、以下が必要です。

1.ベトナム政府当局からの入国承認等の事前申請・取得

2.TRC又は査証の事前申請・取得(TRC又は査証をお持ちでない方のみ。)

3.入国前のPCR検査等の受検と陰性証明書の取得

4.オンラインでの医療申告

5.入国後、14日間の隔離(注:ワクチン接種の有無で変更あり)

6.その間(上記5)の所定の回数のPCR検査等

7.自宅・居住地における14日間の健康観察及びPCR検査等(注:ワクチン接種の有無で変更あり)

また、入国後のPCR検査の結果、陽性判定を受けた場合には、ベトナム政府当局指定の病院にて治癒するまで隔離されることとなります。上記に掲げるもののほか、ベトナム政府当局が随時、指示する感染防止措置に従う必要があります。

注:ワクチン接種済みの方、又は新型コロナウイルス感染症にり患し、その後治癒した方が入国する場合、一定の条件の下で、入国後の隔離施設(ホテル)における隔離は最短で7日間、その後の自宅(又はホテル)での健康観察は7日間となっています。詳細は参照元サイトをご確認ください。

詳細および最新情報は参照元サイトをご確認ください。

参照元:在ベトナム日本国大使館(2021年10月8日更新)

2.現地情報

ベトナム 新規感染者数(7日移動平均)・ワクチン接種率の推移

ベトナム 新規感染者数(7日移動平均)・ワクチン接種率の推移
参照元:Our Word in Data

現地情報

新型コロナワクチンの接種を公的に証明する「ワクチンパスポート(ワクチン接種済み証明書)」の情報は以下をご覧ください。
海外旅行のためのワクチンパスポート情報まとめ

LCD21-004 2021年4月

  • 外務省海外安全ホームページ
  • 海外旅行保険の「たびとも」