11月12日時点の情報です。
最新の情報は必ず参照元サイトをご確認ください。

サイパンの新型コロナに係る入国制限・現地情報

1.入国制限について

【ポイント】

  • 日本からの入国は可能
  • ワクチン接種証明書が必要(例外規定あり)
  • 陰性の結果結果(出発前3日以内)の提示が必要(ワクチン接種未完了者の場合は出発前1日以内の検査結果が必要)
  • 到着72時間前までにオンライン申請が必要
  • 到着時にPCR検査の受検及び政府施設での隔離措置が必要
  • ワクチン接種者は到着後5日目のPCR検査で陰性の場合は隔離措置免除
  1. ワクチン接種証明および陰性の検査結果の提示

    2021年11月8日以降、米国へ入国(空路)するためには、米国への出発前に、ワクチン接種証明および陰性の検査結果の提示が原則必要です。
    CDC「ワクチン接種証明FAQ」仮訳(2021年11月8日更新)(PDF)
    CDC「出発前検査FAQ」仮訳(2021年11月8日更新)(PDF)

    1.ワクチン接種証明(非米国市民・非移民の場合)

    非移民であり米国に空路にて入国しようとする非米国市民は、海外から米国へ向かうフライトに搭乗する前に、COVID-19 ワクチン接種を完了している証明を提示することが求められます。ワクチン接種が完了していない場合、大統領布告および CDC 施行令の例外規定としての基準を満たさない限り、米国行きのフライトに搭乗することが許可されません。
    非移民かつワクチン接種完了者である場合は、接種したワクチンと取得したワクチン接種証明が米国行きのフライト搭乗のために認められるものであるかよく確認してください。

    2.陰性の検査結果の提示
    海外渡航を予定している場合、米国へ空路にて渡航する前に(ワクチン接種の有無にかかわらず)COVID-19ウイルス検査を受ける必要があります。フライト搭乗前に、航空会社に陰性の検査結果を提示しなくてはなりません。

    • ワクチン接種完了者
      ワクチン接種証明を提示する場合、外国からのフライト出発前3日以内に検体採取し検査を受けなくてはなりません。
    • ワクチン接種未完了者
      ワクチン接種証明を提示しない場合、外国からのフライト出発前1日以内に検体採取し検査を受けなくてはなりません。
      注:COVID-19 から回復した場合、陰性の検査結果の代わりに、COVID-19から回復したことを示す書類(すなわち、外国からのフライト出発前90日以内に検体採取し受けたCOVID-19ウイルス検査の陽性結果と、有資格の医療提供者(医療機関)または公衆衛生当局者によってCOVID-19から回復し渡航に支障がない旨が明記されたレター)を所持することで渡航できます。
    参照元:在アメリカ合衆国日本国大使館(2021年11月10日更新)
  2. 北マリアナ諸島への入国(境)について

    9月24日以降、北マリアナ諸島(CNMI)における入国(境)措置が変更となりました。

    1.到着前
    72時間前までのオンライン申請

    2.到着時
    政府指定施設においてPCR検査後、政府指定施設にて隔離措置

    3.<ワクチン接種者>到着後5日目
    2度目のPCR検査にて陰性の場合は隔離措置免除
    2度目のPCR検査にて陽性の場合は政府指定施設において隔離措置

    4.<ワクチン未接種者>到着後10日目
    2度目のPCR検査にて陰性の場合は隔離措置免除目
    2度目のPCR検査にて陽性の場合は政府指定施設において隔離措置

    参照元:在ハガッニャ日本国総領事館(2021年9月24日更新)(PDF)

2.現地情報

アメリカ 新規感染者数(7日移動平均)・ワクチン接種率の推移

アメリカ 新規感染者数(7日移動平均)・ワクチン接種率の推移
参照元:Our Word in Data

現地情報

新型コロナワクチンの接種を公的に証明する「ワクチンパスポート(ワクチン接種済み証明書)」の情報は以下をご覧ください。
海外旅行のためのワクチンパスポート情報まとめ

LCD21-004 2021年4月

  • 外務省海外安全ホームページ
  • 海外旅行保険の「たびとも」