人々をリスクから解放して幸せに

人々をリスクから解放して幸せに

ごあいさつ

会長ごあいさつ

 当社は、2007年に損害保険会社として誕生し、10周年を迎えます。これまで、延べ576万人を超える多くのお客様のご利用と沢山の方々のご支援に、心より感謝申し上げます。(ご契約者数 2017年6月末)

当社のサービスの特徴であります保険金の迅速なお支払いについて、2016年12月1日以降発生の保険事故に関する保険金のお支払いに関しては、海外旅行保険をはじめ全旅行保険商品、家財総合保険「やさしいネッと」に加え、普通傷害保険・家族傷害保険「ライトネッと」において、「原則9営業日での保険金のお支払い」を約款に明記しています。損保業界では、唯一の保険金支払い履行期間短縮認可であり、ご請求書類完備後の保険金のお支払日数の短縮に挑戦し、速やかな保険金支払の実行とともにお客様に喜んでいただけるサービスの追求に努めております。
 その一環として、2016年4月、当社子会社「エイチ・エスサポートセンター」を通じて海外サポート業務及び事故受付業務の提供を開始いたしました。これにより、保険事故に関しましては、東京センター1拠点での受付により、センター内での連携を強化し、「お客様の困った」の解決にホスピタリティマインドの高いサポートサービスを24時間、365日ご提供しております。
 また、当社代理店店頭契約の海外旅行保険に関しましては、2016年12月1日以降発生の通貨盗難に対し、これも損保業界初、当社唯一であります「通貨盗難補償」を装備し、海外における通貨盗難の事故も保険金のお支払いを可能としました。

保険料面では、インターネット専用海外旅行保険のご加入について、2016年12月1日より、北米・ハワイ・グアム方面の保険料を一部改定し、よりご加入いただきやすい保険料とし、かつ、パソコンのみならずスマートフォンやタブレット端末といったデバイスの多様化に対応して、お客様にとってより分かりやすく、入りやすい、利便性の高いサイト提供に努めております。
 今後も「安心感と満足度の高い商品」をお届けすべく改良を重ねてまいる所存です。

10年の節目にあたり、今後20年、30年と損害保険会社として研鑽を積み重ね、「日本発海外旅行保険のスタンダード」を目指して、社員一同精進してまいりますので、ご支援とご指導をよろしくお願い申し上げます。

2017年8月
エイチ・エス損害保険株式会社
代表取締役会長
松尾昭男



社長ごあいさつ

 2017年8月1日より代表取締役社長に就任しました楠原成基でございます。社長就任にあたり、新生エイチ・エス損害保険スタートに向けて、私が当社の経営・運営において重要と考えているものについてお話ししたいと思います。
 まず、第一にスピード感です。近年ますますグローバル化が進展する中で、今まで築いてきたお客様目線のサービスを維持しつつ、変化するべきものを敏感に捉え迅速に変革していきます。
 二点目は人材育成です。従来の考え方・意識を変えて新たな発想が生まれる土壌の醸成に向けて、次世代の人材育成に取り組みます。
 私たちエイチ・エス損害保険は、今後も「お客様に選んでいただける会社」となるため日々研鑽を重ねてまいります。

2017年8月
エイチ・エス損害保険株式会社
代表取締役社長
楠原成基