国内旅行中のケガによる入院・通院を補償 エイチ・エス損保の国内旅行総合保険

国内旅行総合保険

補償の概要

国内旅行総合保険は、国内旅行中の事故によるケガや手荷物の盗難・破損等の危険を補償するものです。

補償項目 保険金をお支払いする場合 お支払いする保険金 保険金をお支払いできない
主な場合
死亡 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡した場合 死亡・後遺障害保険金額の全額を被保険者の法定相続人にお支払いします。(注)
(注)すでに支払った後遺障害保険金がある場合は、死亡・後遺障害保険金額から既に支払った後遺障害保険金を差し引いた額をお支払いします。
  • 保険契約者、被保険者または保険金を受取るべき者の故意または重大な過失
  • 自殺行為・犯罪行為または闘争行為
  • 無免許運転、酒気帯び運転、麻薬等を使用した運転中のケガ
  • 脳疾患、疾病、心神喪失
  • 妊娠・出産・早産・流産
  • 地震もしくは噴火またはこれらによる津波
  • 戦争、革命などの事変
  • 放射能汚染
  • ピッケル等の登山用具を使用する山岳登はん、職務以外での航空機操縦、ボブスレー、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗などの危険な運動中のケガ
  • 自動車等の乗用具による競技・試運転・競技場でのフリー走行等を行っている間のケガ
  • むちうち症、腰痛などで医学的他覚所見のないもの

など

後遺障害 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で事故の発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合 後遺障害の程度に応じて、死亡・後遺障害保険金額の4%~100%をお支払いします。
入院 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に入院した場合 入院の日数に対して1日につき入院保険金日額をお支払いします。ただし、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の入院に限ります。また入院保険金が支払われる期間中、別の急激かつ偶然な外来の事故により新たにケガをしても入院保険金は重複してはお支払いできません。
手術 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で、その治療のため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に病院または診療所において約款所定の手術を受けた場合 入院中に受けた手術の場合は入院保険金日額の10倍、入院中以外に受けた手術の場合は入院保険金日額の5倍をお支払いします。ただし、1事故について事故の発生の日からその日を含めて180日以内の手術1回に限ります。
通院 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に通院(往診を含み、治療をともなわない、薬剤、診断書、医療器具等の受領のためのものは含まない。)した場合。
通院をしない場合でも、骨折、脱臼、靭帯損傷等の傷害を被った約款所定の部位を固定するために(被保険者以外の)医師の指示によりギプス等(注)を常時装着したときはその日数について通院とみなします。
(注)ギプス、ギプスシーネ、ギプスシャーレ、シーネその他これらに類するものをいいます。
通院の日数に対して1日につき通院保険金日額をお支払いします。ただし、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の通院に限り、90日を限度とし ます。
(注)入院保険金と重複してはお支払いできません。また、通院保険金が支払われる期間中、別の急激かつ偶然な外来の事故により新たにケガをしても通院保険金は重複してはお支払いできません。
賠償責任 日本国内旅行中に誤って他人にケガをさせたり、他人のものを壊すなどして損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合 1回の事故について、賠償責任保険金額を限度に損害賠償金の額をお支払いします。また、当社の承認を得て支出した訴訟費用、弁護士報酬または仲裁・和解・調停に要した費用などもお支払いします。
(注1)賠償金額の決定には、事前に当社の承認を必要とします。
(注2)他の保険契約または共済契約から保険金が支払われた場合には、保険金が差し引かれることがあります。
  • 保険契約者または被保険者の故意
  • 職業上の行為に関する賠償責任
  • 受託物に対する損害賠償責任(宿泊施設の客室に与えた損害を除く。)
  • 航空機、船舶(水上バイクを含む。)、車両(ゴルフカート、レンタカーを含む。)、銃器の所有・使用・管理に起因する損害賠償責任
  • 同居の親族および旅行行程を同じくする親族に対する損害賠償責任

など

携行品 日本国内旅行中の偶然な事故により、携行品(現金・乗車船券・宿泊券、衣類、カメラなど)に損害が生じた場合
(注)携行品とは、被保険者が所有かつ携行する身の回り品をいいますが、次に掲げるものは含まれません。
有価証券、預貯金証書、定期券、クレジットカード、稿本、設計書、船舶(ヨット・モーターボートおよびボートを含む。)、自動車(バイクを含む。)、山岳登はん中の登山用具、コンタクトレンズ、義歯、動植物

など

携行品1つ(1点・1組または1対)あたり10万円(乗車券・現金等の場合は5万円)を限度として、時価額または修理可能な場合は修理費のいずれか低い額 をお支払いします。また、損害の防止または軽減に要した費用、損害賠償請求権の保全手続費用についてもお支払いできることがあります。ただし、携行品損害保 険金額をもって保険期間中の支払いの限度とします。
(注1)1回の事故ごとに3,000円(自己負担額)を負担する必要があります。
お支払いする保険金
損害額3,000円(自己負担額)
(注2)他の保険契約または共済契約から保険金が支払われた場合には、保険金が差し引かれることがあります。
  • 保険契約者、被保険者または保険金を受取るべき者の故意または重大な過失
  • 無免許運転、酒気帯び運転、麻薬等を使用した運転中の事故
  • 地震もしくは噴火またはこれらによる津波
  • 携行品の欠陥または自然の消耗、性質による変質・変色
  • 単なる外観の損傷
  • 戦争、革命などの事変
  • 放射能汚染
  • 置き忘れ、紛失
  • 差押え・没収等の公権力の行使(火災消防・避難処置としてなされた場合は支払いの対象とする。)
  • 被保険者が所有していない物(会社所有のパソコン等)の損害

など

救援者費用
  1. 日本国内旅行中に搭乗している航空機または船舶が行方不明または遭難した場合
  2. 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故により被保険者の生死が確認できない場合または緊急な捜索・救助活動が必要なことが警察などにより確認された場合
  3. 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡または継続して14日以上入院した場合
保険契約者、被保険者または被保険者の親族が負担した次の費用をお支払いします。ただし、救援者費用等保険金額をもって保険期間中の支払いの限度とします。
  • 捜索救助費用
  • 現地への交通費(1往復分の運賃で救援者2名分限度)
  • 現地での宿泊料(救援者2名分かつ1名について14日分限度)
  • 現地からの移送費用
  • 諸雑費(3万円限度)
(注)他の保険契約または共済契約から保険金が支払われた場合には、保険金が差し引かれることがあります。
  • 保険契約者、被保険者または保険金を受取るべき者の故意または重大な過失
  • 自殺行為・犯罪行為または闘争行為
  • 無免許運転、酒気帯び運転、麻薬等を使用した運転中の事故
  • ピッケル等の登山用具を使用する山岳登はん、職務以外での航空機操縦、ボブスレー、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗などの危険な運動中の事故
  • 自動車等の乗用具による競技・試運転・競技場でのフリー走行等を行っている間の事故

など

補償項目 保険金をお支払いする場合
死亡 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡した場合
後遺障害 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で事故の発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合
入院 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に入院した場合
手術 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で、その治療のため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に病院または診療所において約款所定の手術を受けた場合
通院 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に通院(往診を含み、治療をともなわない、薬剤、診断書、医療器具等の受領のためのものは含まない。)した場合。
通院をしない場合でも、骨折、脱臼、靭帯損傷等の傷害を被った約款所定の部位を固定するために(被保険者以外の)医師の指示によりギプス等(注)を常時装着したときはその日数について通院とみなします。
(注)ギプス、ギプスシーネ、ギプスシャーレ、シーネその他これらに類するものをいいます。
賠償責任 日本国内旅行中に誤って他人にケガをさせたり、他人のものを壊すなどして損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合
携行品 日本国内旅行中の偶然な事故により、携行品(現金・乗車船券・宿泊券、衣類、カメラなど)に損害が生じた場合
(注)携行品とは、被保険者が所有かつ携行する身の回り品をいいますが、次に掲げるものは含まれません。
有価証券、預貯金証書、定期券、クレジットカード、稿本、設計書、船舶(ヨット・モーターボートおよびボートを含む。)、自動車(バイクを含む。)、山岳登はん中の登山用具、コンタクトレンズ、義歯、動植物

など

救援者費用
  1. 日本国内旅行中に搭乗している航空機または船舶が行方不明または遭難した場合
  2. 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故により被保険者の生死が確認できない場合または緊急な捜索・救助活動が必要なことが警察などにより確認された場合
  3. 日本国内旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡または継続して14日以上入院した場合
補償項目 お支払いする保険金
死亡 死亡・後遺障害保険金額の全額を被保険者の法定相続人にお支払いします。(注)
(注)すでに支払った後遺障害保険金がある場合は、死亡・後遺障害保険金額から既に支払った後遺障害保険金を差し引いた額をお支払いします。
後遺障害 後遺障害の程度に応じて、死亡・後遺障害保険金額の4%~100%をお支払いします。
入院 入院の日数に対して1日につき入院保険金日額をお支払いします。ただし、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の入院に限ります。また入院保険金が支払われる期間中、別の急激かつ偶然な外来の事故により新たにケガをしても入院保険金は重複してはお支払いできません。
手術 入院中に受けた手術の場合は入院保険金日額の10倍、入院中以外に受けた手術の場合は入院保険金日額の5倍をお支払いします。ただし、1事故について事故の発生の日からその日を含めて180日以内の手術1回に限ります。
通院 通院の日数に対して1日につき通院保険金日額をお支払いします。ただし、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の通院に限り、90日を限度とし ます。
(注)入院保険金と重複してはお支払いできません。また、通院保険金が支払われる期間中、別の急激かつ偶然な外来の事故により新たにケガをしても通院保険金は重複してはお支払いできません。
賠償責任 1回の事故について、賠償責任保険金額を限度に損害賠償金の額をお支払いします。また、当社の承認を得て支出した訴訟費用、弁護士報酬または仲裁・和解・調停に要した費用などもお支払いします。
(注1)賠償金額の決定には、事前に当社の承認を必要とします。
(注2)他の保険契約または共済契約から保険金が支払われた場合には、保険金が差し引かれることがあります。
携行品 携行品1つ(1点・1組または1対)あたり10万円(乗車券・現金等の場合は5万円)を限度として、時価額または修理可能な場合は修理費のいずれか低い額 をお支払いします。また、損害の防止または軽減に要した費用、損害賠償請求権の保全手続費用についてもお支払いできることがあります。ただし、携行品損害保 険金額をもって保険期間中の支払いの限度とします。
(注1)1回の事故ごとに3,000円(自己負担額)を負担する必要があります。
お支払いする保険金
損害額3,000円(自己負担額)
(注2)他の保険契約または共済契約から保険金が支払われた場合には、保険金が差し引かれることがあります。
救援者費用 保険契約者、被保険者または被保険者の親族が負担した次の費用をお支払いします。ただし、救援者費用等保険金額をもって保険期間中の支払いの限度とします。
  • 捜索救助費用
  • 現地への交通費(1往復分の運賃で救援者2名分限度)
  • 現地での宿泊料(救援者2名分かつ1名について14日分限度)
  • 現地からの移送費用
  • 諸雑費(3万円限度)
(注)他の保険契約または共済契約から保険金が支払われた場合には、保険金が差し引かれることがあります。
補償項目 保険金をお支払いできない
主な場合
死亡
  • 保険契約者、被保険者または保険金を受取るべき者の故意または重大な過失
  • 自殺行為・犯罪行為または闘争行為
  • 無免許運転、酒気帯び運転、麻薬等を使用した運転中のケガ
  • 脳疾患、疾病、心神喪失
  • 妊娠・出産・早産・流産
  • 地震もしくは噴火またはこれらによる津波
  • 戦争、革命などの事変
  • 放射能汚染
  • ピッケル等の登山用具を使用する山岳登はん、職務以外での航空機操縦、ボブスレー、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗などの危険な運動中のケガ
  • 自動車等の乗用具による競技・試運転・競技場でのフリー走行等を行っている間のケガ
  • むちうち症、腰痛などで医学的他覚所見のないもの

など

後遺障害
入院
手術
通院
賠償責任
  • 保険契約者または被保険者の故意
  • 職業上の行為に関する賠償責任
  • 受託物に対する損害賠償責任(宿泊施設の客室に与えた損害を除く。)
  • 航空機、船舶(水上バイクを含む。)、車両(ゴルフカート、レンタカーを含む。)、銃器の所有・使用・管理に起因する損害賠償責任
  • 同居の親族および旅行行程を同じくする親族に対する損害賠償責任

など

携行品
  • 保険契約者、被保険者または保険金を受取るべき者の故意または重大な過失
  • 無免許運転、酒気帯び運転、麻薬等を使用した運転中の事故
  • 地震もしくは噴火またはこれらによる津波
  • 携行品の欠陥または自然の消耗、性質による変質・変色
  • 単なる外観の損傷
  • 戦争、革命などの事変
  • 放射能汚染
  • 置き忘れ、紛失
  • 差押え・没収等の公権力の行使(火災消防・避難処置としてなされた場合は支払いの対象とする。)
  • 被保険者が所有していない物(会社所有のパソコン等)の損害

など

救援者費用
  • 保険契約者、被保険者または保険金を受取るべき者の故意または重大な過失
  • 自殺行為・犯罪行為または闘争行為
  • 無免許運転、酒気帯び運転、麻薬等を使用した運転中の事故
  • ピッケル等の登山用具を使用する山岳登はん、職務以外での航空機操縦、ボブスレー、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗などの危険な運動中の事故
  • 自動車等の乗用具による競技・試運転・競技場でのフリー走行等を行っている間の事故

など